大ブレイクの兆し!人気の看護師転職サイト

年休はちゃんと消化出来てる?年休消化率100%の職場が羨ましい!

pixta_6653242_S.jpg
職場の休みって、公休の他に年休がありますよね(^-^)/

年休は、有給の休暇で、常勤として働いているともらえますね(*^_^*)

年休の日数は職場によって異なりますし、勤務年数によって変わりますが、年間10〜20日ほどあります。

うちの職場は、年間休日数が90日です(・_・;
休みは、ちょっと少なめなんですが、年休を全て使えれば、年間100日以上は休めるんですがね...。

看護師になってから年休なんて、ほとんど使ったことがありませんよ( ;´Д`)

クリニックって、スタッフが少ないですよね(´・Д・)」

毎日の勤務は、スタッフが全員出勤しないと、仕事が回りません。

突然の欠勤などあると、スタッフの手が足りず大変なんです( ;´Д`)

だから、年休なんてなかなか希望出来ない状況なんですよね(。-_-。)

年休を使うといえば、急な欠勤の年休振り替えや、法事など...よほどの事がなければ年休は使ったことがありませんね(;´Д`A

保育園や学校行事の時は、その時間だけ仕事を抜けさせてもらう程度です。

しかも、保育園や学校行事って日にちがかぶるから、親子遠足や運動会など、一日がかりの行事の時は困るんですよね( ;´Д`)

クリニックって子育て中の人が多いから、そんな時は困りますね。


そんなわけで、年休なんて一年間に何日消化できているんだか...。

翌年に休みを繰り越すことはできるけど、その次点でその前年度分は消化しなければ、残っている分はそのまま消えてしまいます。

毎年毎年消えていく年休...(−_−;)

こんなに年休が使わせてもらえないのであれば、お金にかえてくれたらいいのに‼︎なんて不満はしょっちゅう出ますが、改善されることはないでしょうね。

年休消化100%‼︎とか言ってる、友人の働く介護施設が羨ましいですよ...(。-_-。)

2014年2月 7日|

日勤なのに帰宅は21時過ぎます。夜勤明けも昼まで仕事しています。残業ばかりの職場にうんざりです!!

私は、看護学校を卒業後、看護学校付属の民間の病院に就職しました。

私の希望した病棟は、小児科です^_^

子供が大好きな私は、絶対に小児科の看護師になるって決めていたんです\(//∇//)\

しかし、配属されたのは呼吸器や血液疾患の病棟...(´・Д・)」

呼吸器は、ほとんどが高齢者で肺癌の患者さんが半数です。

呼吸器の内科と外科がはいっているため、オペも多いんですよね( ;´Д`)

だから毎日忙しいんです。
オペ後は、まめにバイタル測定をしますし、急変もありますから、気が抜けません>_<

また、血液疾患の患者さんは白血病の患者さんや、膠原病、リウマチなど若いのに、完治することのない患者さんが多くいます。

骨肉腫の患者さんも多く、働いている私まで気持ちが下がってしまいます( ;´Д`)

病棟では、骨髄穿刺などの病棟検査、IVHやドレーン挿入などこ病棟オペと呼ばれるものも多く、手技を覚えるのも大変でした。

病棟からは、気管支鏡の検査外来に介助に行きます。

毎日、その日の役割がホワイトボードに書き出されますが、新人のうちは今日はなんだろう...とドキドキしていました(・_・;

また、毎日抗がん剤もありますから、各勤務帯での点滴準備も大変です。
間違いのないよう、しっかり確認しますが、疲れている時などうっかり間違えてしまえば患者さんの命に関わるので、責任重大ですよね(-。-;

毎日膨大な仕事量がある上に、急変も多くとても勤務時間内に終われる仕事量ではありません。

ステルベンがあった場合は、その勤務帯で対応することになっているため、残業して対応します( ;´Д`)

日勤は、定時が17時半、夜勤は朝の9時ですが、まともに帰られたことはほとんどありません。

日勤が終れば、夜21時前後、夜勤が終れば昼近く...(・_・;

そんな日が果てしなく毎日続くのです。

重症度が高い患者さんが多いため、精神的にもキツイし、業務内容もキツイため、疲労は溜まる一方です。

ストレスが溜まるけど、ストレス発散する時間もありません( ;´Д`)

はぁ...(。-_-。)
こんな職場うんざりです。

2014年1月15日|

シングルマザー看護師は、常勤ではなくても生活出来る?

シングルマザーというのは、自分一人で生活を支えなくてはいけないので、とても大変ですよね。
育児を疎かにする事はできないので、働き方も制限されてしまうというイメージがあります。
看護師は、常勤で働くのが一番優遇されていると思います。
給料や身分も安定しているし、福利厚生の面も充実していますよね。
将来の事を考えると、やっぱり常勤で働くほうが断然お得です。

でも、常勤の場合は、夜勤や残業をこなしてフルに働かなくてはいけないので、
シングルマザーにとっては厳しいものがありますよね。
小さな子どもがいると、なかなか常勤で働く事ができないのが事実です。

パートで働けば、時間の融通も利くので育児と仕事の両立はしやすいと思います。
でも、その分収入面は劣ってしまうんですよね。
収入面で不安な方は、単発バイトや訪問介護などの副業をして給料アップする事をお勧めします。

パートで働いていても、常勤と変わらないくらいの日数働けば、充分に生活していけるだけの給料を稼ぐ事ができますよ。
シングルマザーの私は、子どもがまだ小さかった時に、パートで働きながら、メインの仕事に支障がでないように単発バイトを入れて、
毎月給料アップをしていたんです。

パートで働いていた職場は、院内保育園があったので、安心して子どもを預ける事ができたんですね。
単発バイトの時には、身内に子どもを預けたり、院内保育園のある職場の場合は、そこを利用していましたね。
派遣や単発バイトは時給が高いので、多分、常勤とあまり変わらないくらいの収入があったと思いますよ。
シングルマザーの皆さん、常勤でなくても、働き方次第では充分に稼ぐ事は可能です。
子どもの預け先さえ確保できれば、安心して働くことができますよ。

2013年12月12日|

夜勤専従パートの探し方:看護師求人情報サービスで探すの?

護師が仕事を探す場合、いろいろなサービスを利用して求人情報を得ていると思います。
いろいろな働き方がある看護師の仕事の中でも、夜勤専従パートを探したい場合、ハローワークでは、
ほとんど希望の仕事は見つかりません。
一番効率良く、仕事を探す事ができるのは、看護師求人情報サービスを利用する方法です。

看護師求人情報サービスであれば、求人数が圧倒的に多く、条件の良い求人を探す事ができます。
それに比べると、ハローワークは、求人数が少なく、ほとんど同じ求人しか出ていない上に、条件も良くあり

ません。

夜勤のお給料というのは、人気の病院で働く場合1勤務につき3〜4万円になります。
夜勤専従パートを続ければ、普通に働くよりも圧倒的に給料が良く、安定して収入を得る事ができます。

パートの仕事として、訪問入浴もありますが、肉体労働が多く体力的にハードです。
しかし、時給が1800〜2500円と高額なので、やりがいはあります。

その他、給料が高い看護師の求人には、派遣、デイサービスがあります。
看護師派遣は、一般病院でのお仕事で、給料が高いんですが、派遣期間が切れて直接雇用になった場合、
給料が安くなるケースが多いようです。

看護師求人情報サービスに登録すれば、夜勤専従パートはもちろん、訪問入浴など、
いろいろな求人を探す事ができます。
看護師求人情報サービスは、無料で登録する事ができますから、複数のサービスに登録して、多くの情報を入

手するのも、
一つの方法です。

ハローワークなどとは違い、事前に職場環境や、スタッフの人数、人間関係などを調べてもらう事もできるん

です。
その為、転職に失敗する事なく、希望に合った職場を選ぶ事ができます。

2013年11月12日|

プリセプターやプリセプティの経験はありますか?経験談を教えて下さい。

プリセプター制度は、わたしが看護師として働き出した頃には普及していた制度です。

プリセプター制度は、熟練した看護師が新人の看護師であるプリセプティに現場教育する制度です。

私も新人の頃は、一年間プリセプターに指導してもらいました。

とてもハードな職場で、常に人出不足と言われていましたから、現場に放置される事も多々あり、泣きたくなる日々でしたね。

毎日反省会などやりますが、怖かったなぁ...という記憶だけが残っています。


今の介護老人保健施設ではプリセプターとして指導にあたっています。

看護師のプリセプターだけではなく、介護職員への指導もあります。

今までで一番難儀したプリセプターの指導は、とても長いブランクのある臨床経験のほとんどない、かなり年配の看護師の指導でした。

若い新人さんに比べ、プライドがありますから、そこが難しい所でした。
わからない事はわからないと聞いてくれるとこちらとしても助かるのですが、適当にごまかそうとします。
一年も経ってから、適当にやっていたためトラブルになり、知らなかった事を知った...なんてこともありました。


指導としては、一からゆっくり、利用者様の名前や、基礎疾患などから始まり、日々の生活の中で気をつけること、看護技術の手技など一つ一つ丁寧に指導しました。

しかし、何度教えても覚えてもらえません。

しまいには、他の若いナースに小言をついたり...。
年配のナースにはキレて罵声を浴びさせられたり...。
人間関係も悪化する一方でした。

自分の指導能力に問題があるのかと悩んだ時期もありましたが、根気よくじっくり頑張りました。

一日の振り返りノートを作り、今日一日で学んだこと、反省点、課題といった内容です。

しかし、頑張ったと思うことは良く記載され、失敗には言い訳で課題はありません。

ブランクがあるし、経験が浅いからしょうがない...と思っていましたが、年の近い先輩ナースたちは気に障る事が多く頑張りが足りないと低評価でした。

その方は、一年で退職されその後、小さな開業医に就職されました。

老健は、病院に比べると楽だといわれますが、逆に看護師として独立した動きが求められますから、一人一人のスキルが必要になります。

それを、60歳近い人が一から学ぶというのは大変困難なことだと思います。
プリセプターとプリセプティとして、必死だった一年間はお互いに大変でしたが、良い経験になりました。

頑張らずに諦めていた事なら後悔も残りますが、頑張り抜いた結果の事であったため、退職する際も意外とお互いにスッキリした気持ちでした。

私としては、その後のプリセプターが非常に楽に思えた事は間違いありません。

ただ、ブランクの長い、経験や知識の浅い看護師へのプリセプターは、今後も私の課題ですね。

2013年10月13日|

看護協会では、事前に職場の細かい情報は調べて貰えますか?

護師が仕事を探す際には、求人情報を集める為に何かしらの機関を利用しています。
看護協会もそのうちの一つで、利用している方も多いと思います。

しかし、看護協会というのは、看護師専門の転職サービスではありませんから、求人情報も少なく、
常勤かパートが主となっています。
単発のバイトや派遣、夜勤専従、訪問入浴などの特殊な仕事は、ほとんど求人には出ていません。

そして、看護協会のスタッフは元看護師の方で、プロのカウンセラーやリクルーターではありませんから、
アドバイスを求める事はできません。
看護協会のスタッフは、仕事を斡旋してくれるだけで、例えば、求人先への電話連絡や面接のセッティング、
面接カードの調整といった事が主な業務となります。

職場を選ぶ際には、業務内容や人間関係、残業や休日数など、細かい情報が知りたいと思いますよね。
しかし、このような情報を事前に調べてはくれません。
あくまでも、求人票に書いてある事だけの情報しか手に入れる事ができません。

その為、実際に働いてみたら、求人票に書いてあった内容と全く違った、という場合が少なくありません。
病院側は、求人票に不利になる事は書きませんから、良い情報を鵜呑みにして安易に職場を決めてしまうと、
失敗するケースがありますね。

事前に職場の細かい情報を調べて貰えるのは、看護師求人情報サービスです。
このサービスは、医療業界に詳しいプロのコンサルタントがスタッフですから、いろいろなアドバイスを受ける事もできますし、
事前に知りたい職場の情報は、出来る限り調べて貰う事ができます。
職場探しに失敗しない為には、看護協会の求人情報も参考にしながら、看護師求人情報サービスを利用するのがお勧めですね。

2013年9月30日|

日本看護協会は退職交渉に応じて貰えますか?

医療業界では、常に看護師が不足している状態が続いています。
その為、希望の転職先が決まったとしても、現在の職場に退職をなかなか言い出せない、又は退職する事について不安がある、
という人はとても多いと思います。

私も過去にそのような経験がありました。
その当時、夜勤専従で働いていたんですが、休憩や仮眠が取れない程の激務でした。
スタッフが足りない事も理由の一つだったんですが、忙しすぎる為に、人間関係も最悪な職場でした。
それでも頑張って続けようとしたんですが、身体がキツく転職する事にしました。

人員不足がわかっていたので、退職を伝えるのがとても不安でした。
思っていた通り、退職の許可がなかなか下りず、スタッフ不足を理由に、退職の引き延ばしをされました。
転職先が決まっていなかったのでまだよかったんですが、もし転職先が決まっていたとしたら、
とても困っていたと思います。

このように、退職がスムーズに進まないといった状況の看護師に、退職を有利に進める為のアドバイスを行ってくれる事を、
退職交渉と言います。
時には、第三者として入り、スムーズに退職ができるように援助してくれる場合もあります。
しかし、退職交渉は日本看護協会では一切行ってくれません。

退職に不安がある場合は、看護師求人情報サービスを利用する事をお勧めします。
看護師求人情報サービスであれば、退職交渉をしてくれるので、安心して転職先を探す事ができます。

退職したい場合は、退職希望の1ヶ月前には職場に伝えるのが一般的となっていますが、スムーズに退職出来るようにする為には、
充分に余裕を持って、3ヶ月から半年前には退職したい旨を職場に伝え、準備を進めるのが良いようです。

2013年9月30日|

院内保育園ってどんな感じ?

ママさんナースが増えてきた事により、少しでも働きやすい環境を作り、経験のある看護師を確保する為にも、
充実した子育て環境の病院がかなり増えてきています。

いろいろある子育て環境の中でも、院内保育園というのは、ママさんナースにとって、とても便利ですよね。
自分の働いている病院と同じ敷地内にある院内保育園は、子供と一緒に出勤する事ができて、子供に何かあった時にも、
すぐに駆けつける事ができるので、とても助かります。

しかし、ママさんナースの中には、院内保育園に対して不安を持っている方も多いと思います。
院内保育園は、一般の保育園と比べてそれほど違いはありありません。
違いがないどころか、メリットが沢山あります。

院内保育園は、利用人数が少ないので、一人一人に目が行き届き、法律上で確保されている規定人数の保育士の元で、
安心して子供を預ける事ができるんですよ。
一般の保育園に比べると、利用料金が安いところも、大きなメリットだと思います。

院内保育園では、他の大勢の子供達に囲まれた生活をしているので、子供にとっても、大きく成長する、
とても良い環境なんです。
誰とでも仲良しになれる子供になりますし、着替えや食事などの指導も受けられるので、親が知らないうちに、
どんどん成長していきます。

院内保育園が設置されている病院というのは、多くのママさんナースが働いている、という事に繋がりますが、
子供を通して、同じ環境で働いているママさんナースと知り合いになれるところも嬉しいですよね。
何かあった時に、分かり合える仲間がいる、というのは、とても心強いものです。

院内保育園は、親にとっても、子供にとっても、とてもいい環境を与えてくれる施設ですよ。

2013年9月30日|

育児環境が整っている病院の探し方は?

最近では、育児環境が整っている病院がかなり増えてきました。
多くの病院では看護師が不足しています。
経験のある看護師や、夜勤もできる看護師を1人でも多く確保したい、という事も、その理由の一つだと思い

ます。

育児環境が整っている病院を探すのには、24時間院内保育園が設置されている、
という事が選択の一つの基準になります。

24時間院内保育園が設置されている病院であれば、日勤でも夜勤でも、仕事をしている間、
ずっと子供を預ける事ができます。
パートやバイトの看護師も利用する事ができるので、ママさんナースにとってはとても便利です。

院内保育園では、おやつやご飯など、全ての面倒を見てもらう事ができます。
もし、子供が体調不良になっても、同じ敷地内の保育園ですから、すぐに駆けつける事ができます。
シングルマザーに対してのサポートが万全なのも嬉しいですよね。

子育てと仕事を両立させるのは、大変です。
子育てをしながら働く上で、一番心配なのが、子供の預け先ですよね。
家族や実家に助けてもらう事ができるのであれば、心配は不要ですが、家族の協力を得られない場合には、
育児環境の整っている病院というのは、一番の条件です。

そうする事で、負担が軽減され、精神的なストレスを溜める事なく、仕事に集中する事ができます。

育児環境の整っている病院のもう一つのメリットは、同じ環境のママさんナースが働いている、という事です


同じように、仕事と育児を抱えている者同士、話も合いますし、苦労も分かっています。
それだけでも、とても心強く、何かあった時には相談する事もできます。

育児環境が整っている病院を探すのであれば、24時間院内保育園が設置されている病院は必須ですね。

2013年9月28日|

夜勤専従パートはママさんナースには難しいかな?

夜勤の仕事、というと、ママさんナースにはとても無理だ、というイメージがありますよね。
しかし、実は、ママさんナースのほうが働きやすいというメリットがあるんです。

仕事をしている時の、子供の預け先さえ確保する事ができれば、子供が寝ている間に効率よく稼ぐ事ができるんです。
ほとんどの方は、夜勤は独身の方が沢山働いている、と思っているかもしれませんが、実際には、夜勤専従パートは、多くのママさんナースが働いているんですよ。

夜勤専従パートは、高い給料を稼ぐ事ができるので、シングルマザーの看護師も多いですね。
夜勤は、出勤日数が少ないのに、多く働いた事になるので、体力的な心配をする事なく働く事ができます。

そこで、心配なのが、子供の預け先ですよね。
子供の預け先として、家族の協力を得る事ができない、という方も心配は不要です。
24時間院内保育園が設置されている病院が増えているので、そのような環境の病院を選択すれば、気兼ねする事なく仕事に集中する事ができます。

院内保育園は、おやつや食事を始め、子供の面倒を全て引き受けてもらう事ができ、夜勤明けの場合、夕方まで預かってもらう事ができます。
とても重宝しますよね。

さらに、院内保育園が設置されいてる病院というのは、ママさんナースが多く働いている、という事も言えます。
その為、子育てに理解がありますし、同じ環境の看護師が働いているというのは、何かあった時にとても心強いものです。

夜勤専従パートは、ママさんナースにとって決して難しい働き方ではありません。
特に、シングルマザーにとっては、短い時間で高い給料を稼ぐ事ができて、子供と過ごす時間も確保する事ができる、おススメの働き方だと思います。

2013年9月28日|


自動相互リンク集 アマゾン本ランキング ページランク表示 ケーキ・和菓子 安眠